2023年09月08日

子どもと取引しない #1115

第1115回の今回は
子どもと取引しない
というテーマでお送りします。



親が子どもに絶対してはいけないことがある。

その中でも、一番注意しなくてはならないのが、
子どもと取引すること。

合格したから○○を買ってあげる。

模試で○○点取ったら○○を買ってあげる。

こういうことは絶対してはいけない。

何故かと言うと、勉強が当たり前のことでなくなるからだ。

食事するのが当たり前のように、
食後は歯を磨くのが当たり前のように、

勉強することは当たり前のことなのだという意識を家族全員で
共有することがとても重要なのだ。

子どもたちには、一生涯にわたって毎日当たり前に学び続けて、
幸せな人生を創って欲しいと心から思う。


再生時間は7分です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月01日

勉強の勘所 #1114

第1114回の今回は
勉強の勘所
というテーマでお送りします。



勉強には勘所がある。

勉強の勘所は

1. 覚えるべき基礎事項を覚える
2. 覚えたことを頭の中で反芻しながら、問題を考える

多くの場合、このことを意識するだけで成績はどんどん上がる。

覚えるためには、反復をすればいいだけ。

何度も唱えてもいいし、書いていい。

反復するだけで、覚えることができます。


再生時間は3分半です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月25日

叱るべき時に叱り、躾けるべき時に躾ける #1113

第1113回の今回は
叱るべき時に叱り、躾けるべき時に躾ける
というテーマでお送りします。



躾は、文化の伝承だ。

躾によって、親から子へ文化の伝承が行われる。

だから、躾けることはとても重要なのだ。

叱るべき時に叱り、躾けるべきときに躾ける。

まず、これが基本にある。

躾に対して否定的な意見が出てくるのは、

躾によって文化の伝承がおこなわれているという理解がないのだ。

文化の伝承という崇高な役割を認識していないことから来る。

もう一つは、あまりに多くの情報にさらされて、何が大切で何が大切でないかが

わからなくなっているのだ。

人は、多様性の中では生きられない。だから文化とその伝承が必要なのだ。

原点を振り返り、親は、自信と誇りをもって子供を躾けて欲しい。


再生時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月18日

自分で自分を育てる強さをもつ #1112

第1112回の今回は
自分で自分を育てる強さをもつ
というテーマでお送りします。



高2男子とその母親の書店での会話:

息子が青チャートの数学VCを手に取って

息子「この本欲しいんだけど」

母親「そんなに厚い本をやれるの」

息子「部屋に置いておきたいだけなんだけど」

母親「本当にやるなら買ってあげるけど」

息子「部屋にオブジェとして置いておきたいんだ」

母親「ええ、オブジェ?」

母親は、息子が手に持っていた青チャート数学Vを受け取って、本棚に戻した。

このエピソードを読まれて何を思われたであろうか。

教育の本質は自己教育にある。

自分で自分を育てていくのが自己教育である。

自分が自分のことを誰よりもよく了解しているから、自己教育以上の教育は存在しないといっていい。

生徒自身が自分自身を教育できるようにすることが、親や教師のつとめである。

自己教育とは、言葉を換えれば、生徒が自分自身だけに意識を向けるということである。

他者からの評価など存在しないがごとき態度でもある。

親がどうあろうと、先生がどうあろうと関係がない。

自分を見つめ、自分を大切にしていくことを教えるのが教育の本質である。

自分を貫く意志が必要だ。

自分の思いをどうか大切にして欲しい。

参考文献:砂川重信「精講物理」学生社



再生時間は8分半です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月11日

算数・数学を中心として勉強する #1111

第1111回の今回は
算数・数学を中心として勉強する
というテーマでお送りします。



勉強を進めるうえで、大局観を持ち続けることは、

何をおいても重要なことだ。

小・中・高の勉強においては、

常に想起していなくてはならない大局観とは、

算数・数学に重点をおいて勉強を進めていくことである。

これに尽きるといってもいい。

勉強時間の9割以上を算数・数学に費やす時期があっても当然であるくらい、

算数・数学の勉強は重要である。

誰にとっても算数・数学に熟達するには多くの時間が必要となる。

その必要とされる時間は、他教科を圧倒する。

このことを知らないと、勉強時間が圧倒的に足りていないことを自覚しないまま

「私は数学が苦手です」と一生言い続けることなる。

また、算数・数学以外の教科が重要でないということではない。

他教科の勉強を効果的に進めるためにも、算数・数学に最重点をおいて勉強していくことが必要なのだ。

何故なら、算数・数学は抽象度の高い世界を扱うので、算数・数学の勉強をすることは、

抽象度の高い世界を扱える頭脳を手に入れることを意味するからである。

算数・数学の勉強によって抽象的な思考ができるようになると、

他教科の暗記・理解を著しく向上させ、高速化させるのは当たり前のことである。

算数・数学の学習を徹底的に行うことは、その人の可能性を最大限に伸ばす最高の秘訣であると

断言できる。


再生時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月04日

勉強は大切だ #1110

第1110回の今回は
勉強は大切だ
というテーマでお送りします。



勉強は大切だということを伝えたい。
そのよう思って、毎日、子供たちの指導に当たっている。
私は、学ぶことが大好きだ。
学ぶことは人生を豊かに切り開いてくれる。

勉強をできる子に育てたいと思ったら、
お子さんに、
人は、一生涯学び続けるものであるという覚悟を
親やまわりの大人たちが子どもに示し続けなくてはてはならない。

実際に、学び続けていることを見せ続けなくてはならない。
このことがお子さんの人生に決定的な影響を与え続けることを
知らなくてはならない。

それにしても学ぶことは楽しい。

わたしは心からそう思う。

再生時間は5分です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月28日

読書は大切だ #1109

第1109回の今回は
読書は大切だ
というテーマでお送りします。




「お子様にはどんどん読書をさせてくださいね」

と申し上げると、

「では、どんな本がいいのですか」

「子供に読ませるといい本のリストをください」

という質問やお願いをされることがある。

そこで、私は考える。

自分に何ができるのか。

自分はどういうプロセスで本に出合ってきたのか。

私は、ご両親にお願いする。

「お子様の目の前で本を読んでください」

「そして、読んだ本について話してください」(もちろんここで言う本は、紙の本です)

お子様の目の前で、本を読み、本について話してください。

そして、図書館なり、大きな本屋さんに定期的に連れていくこと。

学校の図書室に行くことを奨励すること。

本を買ったり、借りたりするという行為に慣れさせることです。

意識して、今書いたようなことを実践してください。

そして、読んだ本について文章を書いてみること。

最初は1行でいいから、何かを書くこと。

読書量が増えていけば、自然と文章は書けるようになります。

書ける量も表現の質も目に見えて良くなっていきます。

読書の対象も広がっていきます。

読むことと、書くことが相乗効果を生みます。

読んだら、書きたくなるのです。

この意欲が出てくるまで、とにかく以上のことを続けてください。

そうしたら、精読に取り掛かります。

精読とは、文章の論理に着目した読書です。

ここに至って、国語の試験対策が機能します。

ポイントは、

自分で読書の世界を探検していく、その切っ掛けを意識的につくってください。

こういうことが前提なら、読書リストも有効に機能します。


再生時間は11分半です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 学習環境と習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月21日

私はあなたを変えられない でも、あなたはあなた自身を変えられる #1108

第1108回の今回は
私はあなたを変えられない でも、あなたはあなた自身を変えられる
というテーマでお送りします。



いろいろな生徒さんをお預かりする。

そして、その保護者の方とも何度もお話をする。

そのとき、私が思っていることがある。

それは、私にはこの子を変えることはできない。

でも、この子自身は自分の人生を変えることができる。

いくらでも、いい方向に変える力をもっている。

ただ、残念なことに、

自分にその力があることを知らないし、

自分が今、その力を発揮する必要があることも思い出せなくなってしまっている。

私ができるのは、

いくらでもよい方向に変える力を持っていることを思い出してもらって、

今、その力を発揮するんだ決めてもらう

切っ掛けとなること。

本当は、力を発揮するようにして欲しいのだけれども、

発揮する、発揮しないを決めるのも、本人でしかないので、

これは、いかんともしがたい。

自分をいくらでも変える力が、自分自身にあって、

その力を発揮していくと決めて欲しい。

そして、自分の人生をどんどん革新していってほしい。

いくらでも革新できるのだ!


再生時間は6分半です。ぜひ聴いてみて下さい。
続きを読む
posted by 鴨下算数数学塾 at 15:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする