2022年07月16日

フィードバックへの返信 #1043

第1043回の今回は
フィードバックへの返信
というテーマでお送りします。

今回のお話は 「選択と集中」のフィードバック #1041 の続きです。

お話の要点は 
  • 「最小の努力で最大の効果を得よう」ではなく「最大限の努力をした人のみが合格できる」
  • 「最小の努力」とは、自分はこれしかできない、という決めつけ
  • 「その人にとっての最大の努力」はどんなものかは、誰にも本人にもわからない 
  • 最大の努力をしようとした時に、自分を客観的に見る視点が生まれる
  • 最小の努力の積み重ねは、結果として何も勉強していない、となってしまう
  • 「諦める」=明らかに見る、つまり万能感が働いている事に気付くこと
  • 万能感があることに気付けば、排除できる
  • 万能感の裏に母親の存在がある
  • 万能感の背後に、母親がいること多い。このことが分かると、さらに自由に能力を発揮できる
    です。

    再生時間は7分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 7月 21日(木)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾

    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2022年07月14日

    学校はビリでないと東大には受からない #1042

    第1042回の今回は
    学校はビリでないと東大には受からない
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は 
  • 日本の教育のレベルがどんどん下がっていて、国民の学力低下を学校が作り出している
  • 今の日本の教育制度はGHQが勝手につくって押しつけたものである
  • 公教育の目的が「何も考えない、でも権力の命令には従順な国民」を作ることになってしまった
  • 科学的根拠はないマスク着用の要請に疑問を持たず、何も行動しないことが全体主義を許容している
  • マスク着用が全体主義を許容して、全体主義社会の到来につながるという想像力を失ってしまった
  • 議員は選挙で選ばれたにもかかわらず、選挙で選ばれていない教育委員会に何も言えない
  • 学校では教科書を丁寧に教えなくなってしまった
  • 学校は学力低下を目指している、と見切らないといけない
  • 学校がやっている内容が変なので、その通りにやっても学力がつかない
  • 今の学校は卒業証書を出すところ、と割り切る
    です。

    再生時間は9分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 7月 16日(土)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2022年07月09日

    「選択と集中」のフィードバック #1041

    第1041回の今回は
    「選択と集中」のフィードバック
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は 
  • 捨てれば捨てるほど、余裕ができる
  • 恐怖心が選択と集中をできなくする
  • その恐怖は自分のものではなく、周りの人の嫉妬によるもの
  • 方法論としては、「選択と集中」をしていくしかない
  • 「本当は自分は色んなことができるはず」と思うのも幼児的な万能感によるもの
    です。

    再生時間は4分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 7月 14日(木)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾



    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2022年07月07日

    総合的な視点を持つ #1040

    第1040回の今回は
    総合的な視点を持つ
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は 
  • 漁業を盛んにするためには山を養わなければならない
  • 山を養うことは、森林のダムを造ること。農地に安定的に水を供給するには林業の繁栄が必要
  • 山や海で使うトラックや船など、工業も関わってくる
  • 人から人へとお金が循環し、その過程で富が生まれる
  • 貧しい国はこのお金の流れが停滞している
  • 働くとは「傍(はた)を楽にする」
  • 自分はどんなメカニズムで「傍を楽にしている」のかを分かっていると良い
  • どんな方向の努力をすればいいのかを、総合的に見て判断しよう
  • 学問があるとマイナスを減らして、プラスを大きくできる
  • 歴史的な視点を知っているとさらに総合的な見方ができる
    です。

    再生時間は5分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 7月 9日(土)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾


    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2022年07月02日

    教育の根本とは何か #1039

    第1039回の今回は
    教育の根本とは何か
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は 
  • 教育の根本とは「日本は素晴らしい国だ」と教えること
  • 我々は、戦後「日本は悪い国だ」と言わなくてはならない言語空間に押し込められてきた
  • 我が国は縄文以来の数千年にも及ぶ、長い歴史を有している
  • 長い歴史的な視点を教えることが重要
  • もし日本が悪い国だったら、とっくになくなっているはずである
  • 思春期の子供に大人がきちんと教えるべきこと「なぜ生きているのか、なぜ勉強するのか」
  • 2700年も続く国の後継者として、先人の思いを受け継いで我々が努力するのは当然のこと
  • 大義もなくただ「勉強しろ、勉強しろ」と無理矢理強制しても、子供は勉強できない
  • 単なる点取りゲームの勉強は学問とは言えない
  • 後世の人々がより素晴らしい世界に住めるように、という高い志がなければ、教育とは言えない
    です。

    再生時間は9分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 7月 7日(木)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾

    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2022年06月30日

    誰も言わないなら私が言おう「マスクをはずして元の生活に戻ろう」 #1038

    第1038回の今回は
    誰も言わないなら私が言おう「マスクをはずして元の生活に戻ろう」
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は 
  • 情報開示請求権を行使して、厚生労働省や各都道府県に問い合わせよう
    「マスクをしなければならない科学的根拠は何なのか?」と。
  • そもそもウイルスは存在するのか?
  • 昔は「狐が憑くことで病気になる」と本当に信じられていた。しかし憑いた狐を見た人は誰もいない
  • ウイルスを見ることは原理的にできないが、学問としては盛んである
  • 「ウイルスが存在すること」「ウイルスが特定の疾患を引き起こすこと」この2点を証明しなければならない
  • コペルニクスが地動説を唱えた時、権威のある専門家は皆こぞって批判した
  • 我々が今持っている知性を絶対視してはいけない
  • 今の常識を疑ってみなければならない
  • 大人は自分の頭で考えよう
  • 社会を破壊するのにも、社会をより良くするのにも学問は使われる
  • 相対性理論は物理学で絶対的な教義のような扱いになっているが、果たしてそうなのか。そう思うことが大事なこと
  • 疑問を解決しようとすることが「進歩」であり、それが自由を獲得することになる
    です。

    再生時間は11分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    〇インド仏教徒1億5000万人の頂点に立つ“日本人僧” 
    佐々井秀嶺84歳とは一体何者か?

    https://bunshun.jp/articles/-/15417

    『世界が驚くニッポンのお坊さん 佐々井秀嶺、インドに笑う』
    https://www.amazon.co.jp/dp/4163910360
    世界が驚くニッポンのお坊さん 佐々井秀嶺、インドに笑う - あづさ, 白石

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 7月 2日(土)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾

    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2022年06月25日

    マスクをはずして元の生活に戻ろう #1037

    第1037回の今回は
    マスクをはずして元の生活に戻ろう
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は 
  • 海外は都市部でも誰一人マスクをしていない
  • 一番の問題点は、科学的根拠が何もないことが分かっていながら、マスクの着用やワクチン摂取が勧められ、法的根拠がないにもかわらず強制力をもっていること
  • 厚生労働省や地方自治体に、コロナ対策の科学的根拠について情報開示請求しても、施策の根拠を示すことができない
  • 科学的根拠なしにやっていることを皆が知るべき
  • ”知る権利” を行使しないで、同調圧力にのまれて自分の自由を奪われることを許してはならない
  • マスクは酸素不足を引き起こす
  • ウィルスの大きさはマスクのメッシュの半分以下で、マスクを素通りしてしまう
  • そもそも、電子顕微鏡でウィルスを見ることは不可能で、まして、体内でウィルスを見た人はいままで誰もいない
  • 厚生労働省はワクチン接種者・未接種者の感染率のデータを改竄していた
  • 責任ある人たちは「もうやめよう」と言うはずがないから、我々からやめよう
  • 地球温暖化の科学的根拠はない
  • 終戦後によく使われた化学薬品DDTの例
    です。

    再生時間は8分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 6月 30日(木)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾


    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2022年06月23日

    なぜ焦るんだろう #1036

    第1036回の今回は
    なぜ焦るんだろう
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は 
  • この時期までにここまでできているはず、と思うのは万能感。それができていないから焦る
  • こういう風に進歩したい、と思っているのに、それができないから焦る
  • 外で刺激を受けて「こうなりたい」と思っても、家に帰れば家族の間にあるミラーニューロンによって、親の気持ちに同化して絶望してしまう
  • 親は「この子は三日坊主で、何をやってもダメ」と思うと、それが子供に伝わって、続けたくても続かない、となってしまう
  • 親の勝手な決めつけに対し、その内子供は反発する
  • 反抗期で手を焼くのは、それだけ親が子供を決めつけているから
  • 子供にとって親は絶対的で完璧な存在に見えている
  • 大人になれば、親はそれほどでもないと段々に分かってくる
  • 地元や親許から離れると、その脳のネットワークから遮断される
  • 「脳のネットワーク」が存在することを知っていることは大事
    です。

    再生時間は11分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    鴨下算数数学塾のホームページはこちら

    scan-001-1.png

    次回は 6月 25日(土)公開です。

    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して、応援よろしくお願いします。
    にほんブログ村 算数・数学科教育
    にほんブログ村 受験塾・進学塾

    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする