2018年10月20日

第652回 数学は言語である

第652回の今回は
数学は言語である
というテーマでお送りいたします。

今回のお話の要点は
  • 地球上の文明の大半は数学で記述されている
  • 数学を知らない=この文明のほとんどに無知である、ということ
  • 生存するのか?それとも、生きるのか?
  • 高校数学のレベルは高くない。が、知らないとどうにもならない
  • 数学を知るかどうかが、ものの考え方・人生に大きな影響を及ぼす
  • 言語は土壌、数学はその上に立つ幹
  • 学校教育で余計なことをやりすぎている
    です。

    再生時間は11分です。ぜひ聴いてみて下さい。
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする