2019年08月15日

最近わかったこと(第737回)

第737回の今回は
最近わかったこと
というテーマでお送りします。

今回のお話の要点は
  • 学校の先生の資質の低下が透けて見えた出来事
  • 大手塾が開発した教材・授業・試験などを導入する学校が増えている
  • 今やゆとり教育を受けて育った世代が教員になっている
  • 最も優れた人がならなくてはいけない職業が教師
  • 能力資質の低い教師に対し、不満を持つのは当然
  • 大学を退官した教授達が小中高生を教える機会を作る
  • 先生の学力自体が下がっている
  • 子供のある時期は、数学物理に関して伸び盛りを迎える
  • 伸び盛りに、優れた先生に指導を受けられるようになってほしい   
  • 低下する一方の教育レベルを上げる為の方策が早急に必要である
    です。

    再生時間は13分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png

    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする