2018年12月08日

どれだけ親が関わったらいいでしょうか (第666回)

第666回の今回は
どれだけ親が関わったらいいでしょうか
というテーマでお送りいたします。

今回のお話の要点は
  • 子供の受験や学習に、親がどの程度関わったらいいのか
  • 子供のスマホの通信料が高額になった時に、スマホを取り上げられるか?
  • 子供に教えるべきことを教え、躊躇せずに言うことは大事
  • 入試とは、決められた日時・場所に自分が合わせていく必要がある
  • 入試は想像以上に親の手がかかる
  • 有限な時間を有効に使うために親が手をかける
  • 送り迎えや参考書選び・購入も親がやる
  • 参考書は一冊をじっくりやるよりも、複数用意する方がいい理由
  • 子供に選ばせると、子供目線になって時間の無駄になる
    です。

    再生時間は11分です。ぜひ聴いてみて下さい。
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 親と子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年12月06日

    日本の学力を上げる (第665回)

    第665回の今回は
    日本の学力を上げる
    というテーマでお送りいたします。

    今回のお話の要点は
  • この数十年の数学・物理・科学の進歩は特に目覚ましい
  • 学問は日々進歩しているのに、小中高の教育レベルが変わらないのはおかしくないか
  • 目標の一つとして高校でヒルベルト空間を取り入れてはどうか
  • 個人と国家にとって、文科省の制約下の教育過程を尊守するだけでいいのか
  • レベルを上げるために、高校で数3と物理も全員必修する
  • マーケット(履修人数)を大きくしないと学問は進歩していかない
  • 日本が科学技術立国としてやっていくなら、数3と物理を必修に
    です。

    再生時間は10分です。ぜひ聴いてみて下さい。
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年12月01日

    [受験] 他人との競争 自分との競争 (第664回)

    第664回の今回は
    [受験] 他人との競争 自分との競争
    というテーマでお送りいたします。

    今回のお話の要点は
  • 模試マニアの学校やご両親様
  • 入試を受けさせる以上、絶対に知っていなければならない視点
  • 受験に出題される問題は、かなり限定されている
  • 出題されるとわかっていることをしっかり理解する
  • 理解と記憶の両輪で得点能力を上げる
  • 偏差値よりも重視しているのは、どこを理解していてどこを理解していないか
  • 理解度の低い人が模試を受け、他人と比べてもあまり意味はない
    です。

    再生時間は10分半です。ぜひ聴いてみて下さい。
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 受験関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年11月29日

    第663回 大手塾に行くな (2)(中学受験編)

    第663回の今回は
    大手塾に行くな (2)(中学受験編)
    というテーマでお送りいたします。

    今回のお話の要点は
  • 先取り学習を怖がるな
  • 上手くいく人といかない人では、意識に大きな隔たりがある
  • 教育・学問は文科省の定めて通りでなくてよい
  • 大手塾の授業は無駄が多い
  • 自分が学校側の人間だったら、どんな考えを持った親御さんの子供にきて欲しいか
  • 文科省の定めた教育の制限を超える
  • 学問には易しい・難しい、学年、文系・理系 などの区分けはない
    です。

    再生時間は9分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    前回の「大手塾に行くな (1)(中学受験編)」も合わせてお聴きください
    http://testdoryoku.seesaa.net/article/462886692.html
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年11月24日

    第662回 大手塾に行くな (1)(中学受験編)

    第662回の今回は
    大手塾に行くな(1)(中学受験編)
    というテーマでお送りいたします。

    今回のお話の要点は
  • 計算問題と漢字の習熟度で分かる、大手塾に行っていいかどうかの目安
  • 大手塾はトレーニング量とフィードバックが足りない
  • 「すごい授業が人を変える」はありえない
  • 正しいトレーニングによってのみ変わる
  • 知識や経験の積み重ねが相当ある人でないと、授業を聞くだけで理解できる、ということはない
  • 計算問題を解けない人は点を取れない
  • 計算問題は式の特徴を掴めているかどうかを見る問題
    です。

    再生時間は9分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年11月22日

    第661回 受かりさえすればそれでいいのか(中学受験編)

    第661回の今回は
    受かりさえすればそれでいいのか(中学受験編)
    というテーマでお送りいたします。

    今回のお話の要点は
  • そもそも、中学受験は何のためにするのか?
  • 成績が上がらないのを子供のせいにしてはいけない
  • 子供は常に親の顔色を伺い、親の価値判断通りにやっている
  • 勉強していないから、勉強できない、という当たり前のことを受け入れる
  • 受かりさえすればいい、と思っていると、理解せずに全て丸暗記になってしまう
  • 受験に受かるには、理解とテクニックも必要
  • 自分の余計な価値判断を入れずに先生の言う通りにする
  • 親の価値判断が子供を支配している
  • お子様が小さいと、言うことを聞かせやすいという幻想に陥りがち
  • お子様の早い時期に親の間違った考えを変えることが重要
  • E判定から志望校に奇跡の合格の秘訣
    です。

    再生時間は13分です。ぜひ聴いてみて下さい。
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年11月17日

    第660回 成績がなかなか上がらないんですけど(中学受験編)

    第660回の今回は
    成績がなかなか上がらないんですけど(中学受験編)
    というテーマでお送りいたします。

    今回のお話の要点は
  • この時期に成績が上がらないのは、やり方が間違っている
  • 得意不得意や才能がある・ないの問題ではない
  • 「正しいやり方」で「量をたくさんやる」この2つが揃っていることが大事
  • 「答えが合えばそれでいい」という考えは禁物
  • 計算問題の出題の意図(軽視してはいけない理由)
  • 「数学は抽象度が高い」ということを受け入れる
  • 式・図形などの問題を観察する
  • いきなり解こうとしてはいけない
  • 観察しようとすると、正解が自ずと明らかに
    です。

    再生時間は11分です。ぜひ聴いてみて下さい。
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2018年11月15日

    第659回 真の教育とは(2)

    第659回の今回は
    真の教育とは(2)
    というテーマでお送りいたします。

    今回のお話の要点は
  • 場を作る
  • 制限から自由になる
  • 一人で出せるスピードには限界があるが、仲間が集まればものすごいスピードが出せる
  • 点数を上げることにこだわる理由は、お子様の中にある制限を超えさせるため
  • 試験は満点かそうでないかが大事
  • 平均点を基準にしているとどんどん落ちていく
  • 脳と脳の掛け算で限界を超える
    です。

    再生時間は11分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    前編の「真の教育とは」も合わせてお聞きください
    http://kamoshita-math.seesaa.net/article/462614408.html
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする