2020年07月04日

ルーティーン化することに気持ちを向ける (第830回)

第830回の今回は
ルーティーン化することに気持ちを向ける
というテーマでお送りします。

今回のお話の要点は
  • 勉強でどんな方法・どんな内容をやるか、というのは2次的な問題
  • どの塾が、どの参考書がいいか・・・というようなことに注力した結果にあるもの
  • ルーティーン化できないと「選択と集中」が機能しない
  • 結果も何も考えずに手を着けられるのがルーティーン化されている状態
  • 「これをやったらどうなるか」と訊くのはできない人
  • 「ルーティーンにする」という意思は大事
  • 未来のことは見ない・考えない
  • 「これをやったらどうなる」と考えるからルーティーン化できない
  • 先生を信頼して受け入れられるか
    です。

    再生時間は12分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 学習環境と習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2020年07月02日

    選択と集中の前提条件 (第829回)

    第829回の今回は
    選択と集中の前提条件
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は
  • 凡人が結果を出す方法は「選択と集中」
  • 凡人が卓越した人の真似をしても結果は出ない
  • 行動・思考に至るまで無駄なものを捨てて捨てて、捨てる
  • 何か成し遂げようとすれば利己主義にならざるをえない
  • 自分の能力がどのくらいかの見積を間違うと選択と集中が徹底しない
  • 万能感を持っていると選択と集中ができない
  • 一生に大きな影響のある受験に照準を合わせる
  • 試験に出るところをしっかり押さえる=出ないところを捨てる
  • 完璧主義を捨てる
  • 自己認識と勉強の内容は表裏一体
    です。

    再生時間は10分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2020年06月27日

    やればできる は本当か (第828回)

    第828回の今回は
    やればできる は本当か
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は
  • 「やればできる」と言っても結果は出ない
  • 「やればできる」に代わる言葉は何か
  • やればできるかどうかは本当はわからない
  • 万能感の表れ
  • 「やってもできないかも」と不安が増大するだけ
  • 自分はひとつのことをできるようになるのに時間がかかる人間だ、ということを知る
  • 「やればできる」には親・教師の万能感や期待が投影されている
  • 親の経験を全く違う人間の子供に投影してはいけない
  • 言葉一つで人生を作ることも、壊すこともできる
  • 言葉を吟味することは思考を吟味すること
    です。

    再生時間は16分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2020年06月25日

    自分は凡庸だと認めると (第827回)

    第827回の今回は
    自分は凡庸だと認めると
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は
  • 人間は「自分は凡庸だ」と思う一方で「自分は優れている」とどこかで思っている
  • お子様の毎日の予定を習い事で埋めるご両親様
  • 医学部受験に必要な勉強量をやりきれないお子様は「医学部はダメでも東大は・・・」など思っている
  • 自分は無能で凡庸だからどうするか、と認めることが出発点
  • 受験は最低3年はかかる
  • 「選択と集中」が機能する前提条件
  • 「選択と集中」は自由への道
    です。

    再生時間は13分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2020年06月20日

    君は普通の人なんだ (第826回)

    第826回の今回は
    君は普通の人なんだ
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は
  • 普通の人だから、出来ないことは山ほどあるし、毎日勉強しなければならない
  • 「選択と集中」は普通の人の生きる術
  • 普通の人だと認められないのは万能感を持っている人
  • 万能感を持って自分の子供に投影してしまう
  • 「やればできる」はあまり良い言い方ではない理由
  • 自分は普通の人だと思うことは敗北感を伴うが、受け入れると第二の人生が始まる
  • 毎日の勉強は幼児的万能感を捨てるきっかけになる
    です。

    再生時間は11分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2020年06月18日

    自分はできたのに・・・ (第825回)

    第825回の今回は
    自分はできたのに・・・
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は
  • 「自分はできたけど、子供は・・・」と仰るご両親様
  • 自分とではなく、自分の記憶と比較している
  • 記憶は嘘をつく
  • 兄弟姉妹間で出来を比べるケースもある
  • の見立てと講師の見立ては違うことが多い
  • 子供について親には見えてない部分も大きい
  • 親は「見えている」のではなく「自分の経験と照らし合わせている」
  • プロの指導者は何百何千人ものお子様を指導した客観的なデータから判断できる
    です。

    再生時間は10分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 親と子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2020年06月13日

    一歩一歩確実に進んでいく (第824回)

    第824回の今回は
    一歩一歩確実に進んでいく
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は
  • 親は理想の子供と現実の子供を比べてしまう
  • 「自分は違ったけれど、子供はこうで」と言ってしまう
  • 人間は一足飛びにできるようにはならない
  • 反復して定着するまでできるか
  • 塾から家に帰る間に、塾でやったところを何度も反芻してみる
  • 記憶が定着するまで、時間がかかるものである
  • 毎日積み重ねることで自然に先取りできているのが理想
    です。

    再生時間は12分です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2020年06月11日

    今年の入試対策スケジュール (第823回)

    第823回の今回は
    今年の入試対策スケジュール
    というテーマでお送りします。

    今回のお話の要点は
  • 今年は夏休みがイレギュラー
  • 新テスト対策にセンター試験以上に時間をかける必要がある
  • 新テストでいい点を取ることが一番大事
  • 今は新テスト対策を本格的に始める時期
  • 教科書をしっかり押さえる
  • 守りを重視した戦い
  • 出来る人とできない人の差がつくものは何か?と考える
  • イレギュラーな対応を迫られるから尚更練達の指導者につくべき
  • 学校の先生は教育のプロだが受験のプロではない
    です。

    再生時間は10分半です。ぜひ聴いてみて下さい。

    scan-001-1.png
    続きを読む
  • posted by 鴨下算数数学塾 at 06:00| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする